体験キャンペーンでお得にダイエット

EMSやラジオ波?エステサロンの施術でよく使われる機器は何?

初めてエステサロンでの施術を受ける人にとって興味津々なのが、「どんな施術が行われるんだろう?」ということではないでしょうか。

エステサロンで受けることのできる施術には、フェイシャルや痩身、脱毛などがありますが、具体的にどんな施術を受けることができるのか気になりますよね。

フェイシャルや痩身ではエステティシャンによるハンドマッサージが行われることもありますが、機器を用いた施術がプラスされることもあります。

ここでは、エステサロンの施術でよく使用される機器を紹介していきたいと思います。

「フェイシャル」と「痩身」、「脱毛」の3つに分けて、それぞれの施術でよく使用される機器をお知らせしますので、これからエステでの施術を受けることを考えている人は参考にしてみてくださいね。


フェイシャルエステで用いられる機器

シミやソバカス、ニキビなどのトラブル改善のほか、肌に潤いを与え、肌の老化を予防・改善するために効果的なフェイシャルエステ。フェイシャルエステだけでもいろんなコースが用意されていますが、よく使用されている機器には次のようなものがあります。

光フェイシャル

特殊な光を肌に当てることで、肌のターンオーバーを高めたり、真皮層のコラーゲンの生成を促したりします。そのため、光フェイシャルは、シミやソバカス、くすみなどの改善のほか、肌に潤いやハリを与えるために肌老化にも効果があるといわれています。

イオン導入機

イオン導入機は、微弱な電流を肌に流すことで、そのままだと肌に浸透しにくい美容成分を浸透しやすくするために用いられます。肌には外部の刺激から守るためにバリア機能が備わっているので、通常ビタミンCなどの美容成分を化粧品として肌表面から塗布しても内部に浸透していきません。しかし、イオン導入機を使用すると、浸透させたい有効成分をイオン化することができますから、通常だと浸透できない美容成分でも浸透しやすくなります。

バキューム

毛穴に詰まった皮脂や汚れなどを取り除くために使用されます。スチームなどで毛穴を開いた上でバキュームを使用すると、毛穴の汚れを吸引することができますから、毛穴の黒ずみや毛穴の開きなどの症状が改善されます。

痩身エステで使用される機器

痩身エステでは、筋肉量をアップさせたり、脂肪を溶解・燃焼させたりするために機器を用いることがあります。痩身エステでよく用いられる機器をみていきましょう。

EMS

痩せたい部分に電流を流して、筋肉を強化します。EMSによって筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がり、脂肪が燃えやすいカラダになるといわれています。

インディバ

高周波エネルギーを体内に流すことで、体温を上昇させて脂肪や頑固なセルライトを溶かします。もともと医療用として用いられてきた機器ですので、安心して使用できますし、体温が上がるため冷え性の改善にも効果があるといわれています。

ラジオ波

インディバと同じく、体温を上げて脂肪が燃焼しやすいカラダにする目的で使用されます。冷え性の改善にも効果的ですし、体温が上がることから免疫力アップといううれしい効果も期待できます。

脱毛で用いられる機器

多くの脱毛エステでは光脱毛機が使用されています。光脱毛機は別名フラッシュ式脱毛機とも呼ばれ、カメラのフラッシュのような光を照射することで、毛根部分の毛が生える組織を破壊します。そのため、繰り返し施術を受けていくことで、毛そのものが生えなくなり、脱毛が可能となります。

光脱毛機の特徴は、肌そのものにはほぼダメージを与えることなく脱毛が可能になるということ、また脱毛にともないがちな痛みがほとんどないという点です。

美容クリニックのフォトフェイシャルに使用されている光(IPL)を使用して脱毛処理を行いますので、美肌効果も期待できるとして人気を集めています。