体験キャンペーンでお得にダイエット

痩身エステは痛いの?痩身エステで痛い時の対処法と事例

痩身エステの口コミを見ていると、「痛い」という声がしばしばあります。またエステのホームページでも痩身エステについては、「最初は痛いですが……」という説明があることもあり、「痩身エステって痛いの?」と心配になる人もいるようです。

実際に痩身エステを受けた人の中には、「痛みがあったけど、どうして良いか分からずにじっと我慢した」という人も少なくありません。痩身エステとは痛みをともなうものなのでしょうか?また痩身エステで痛い時、ひたすら耐えるしかないのでしょうか?

ここでは、それらの点について解説していきたいと思います。


痩身エステは痛いの?

ほとんどの痩身エステでは痛みをともないます。

マッサージ時に脂肪を溶けやすくするためにぐいぐいと揉みほぐしたり、リンパの流れを良くするために圧を入れてマッサージをしたりするので、その時に痛みを感じる人が少なくありません。

ただ、このような痛みのほとんどは最初のうちだけで、徐々に改善されるのがほとんどです。マッサージ時に痛みをともなうのは、

痩身エステが痛い理由は

痩身エステのマッサージなどで痛いと感じる理由は、

・セルライトや脂肪が硬くなってしまっていること、

リンパの流れが滞っていて老廃物が溜まってしまっていること

などによります。

繰り返し施術を行うことで、徐々にセルライトや脂肪は柔らかくなりますし、リンパの流れも良くなるので、ほとんどの場合、痛みは改善されます。

「痛い=効果がある」ってこと?

よくいわれるのが、「痛いということは、それだけ効果がある」ということです。そうなると、「痛みは我慢しないといけない」という気がしますが、実際はどうなのでしょうか。

痩身エステに多少の痛みがともなうのは仕方がないのですが、痛みは我慢しないといけないということはありません。なぜなら、痛いから効果があるというワケでもないからです。

痛みが強すぎるとリラックスできませんから、思うような効果につながらないこともあります。また痛みが苦痛で、通うのが億劫になってしまうこともあるでしょう。

ですから多少の痛みは我慢しないと仕方がありませんが、痛すぎることにはメリットはありません。エステティシャンは、マッサージの強さを加減することは可能なので、痛い時には強さを加減してもらいましょう。

痩身エステで痛い時の対処法・事例

痩身エステで痛い時、「何も言えずに我慢してしまった」という人は案外多いのですが、痛いということは遠慮なくエステティシャンに伝えましょう。「え?どうやって??」という人のために、伝え方の例をお知らせします。

●「すみません。痛いです~…もうちょっと、弱くしてもらってもいいですか?」

「すみません」と、下からお願いする感じでお伝えすると、施術やっているスタッフさんも、「分かりました。」と応じやすいかもしれません。

●「痛い!!!これって、痛い方が効くんですか??」

正直に「痛い」と伝えた上で、「痛い方が効くんですか?」と確認してみましょう。「はい」という返事がかえってくればそれまでですが…(笑)大抵は、「痛かったら弱めますね~」と言ってくださるはずです。

●「え?こんなに痛いんですか~?!」

あくまでもビックリした感じを演出してください。言い方によっては、イヤな感じにもなるので気を付けてくださいね。

あらかじめできる対策方法

施術中に「痛い」というのを伝えるのは気が引けるという人は、施術の前にあらかじめ対策を取っておくことで、痛いというのを伝えやすくなるかもしれません。

●「痩身エステって痛いと聞いたんですけど、結構痛いんですか??」と尋ねてみる

あらかじめ「痛いんですか?」と尋ねることで、痛いのが心配というのをさり気なくアピールできます。そうすると、「施術中に痛い場合は、伝えて頂くと弱めますよ」などとエステティシャンの方から言ってもらえるかもしれません。

●「痛いの苦手なんで、心配なんですけど…」と伝えておく

正直に「痛いのが苦手だ」ということを伝えておくと、初めから「痛くないですか~?」と声掛けしながらマッサージしてもらえることもありますよ。

ぜひ、事前に「痛いのが心配」「苦手」ということをアピールして、対策を取っておきましょう。